読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇久定置定例調査、蘇洞門など散策

いつもお世話になっている宇久定置へ行ってきました。

f:id:jakoten:20170522160406j:plain

海は穏やか。無事に調査は終わりました。学生は調査手法を学びつつ、海の季節の移り変わりを経験します。夜光虫がたくさんいました。夜、波打ち際は光って美しいことでしょう。

 

調査後は、ご厚意で近くの海を散策。 

f:id:jakoten:20170522162415j:plain

滝がみえますか?

船を岸へ寄せて頂き上陸。海へ注ぐ滝へ。いいことがあるらしい。

f:id:jakoten:20170522163727j:plain

蘇洞門にも連れて行って頂きました。学生は初めてで感動。

 

蘇洞門は、CNNで日本の美しい場所34選の一つに選ばれています。

下のサイトで、28番目に紹介されています。ページを送り続けると、やがて出てきます。

Japan photos: 34 most beautiful places

f:id:jakoten:20170522163843j:plain

f:id:jakoten:20170522163741j:plain

私がとった写真ではわかりにくいですが、「門」になっています。近くの港から遊覧船がでていて訪れることができます。

f:id:jakoten:20170522163754j:plain

美しい海岸線が続きます。思いがけず、今日は私たちが調査している海を紹介できました。宇久定置さんといい天気に感謝。

広告を非表示にする

学会で成果発表

日本地球惑星科学連合 連合大会 2017年大会 - トップページ

成果発表のため、JpGU-AGU Joint Meeting 2017へ行ってきました。

観測や講義の予定を控えゆっくりと滞在はできませんでしたが、勉強になりました。若い研究者とのご飯も楽しかったです。

 

 

広告を非表示にする

リアルタイムブイ稼働開始しました

丹生定置へ行ってきて、海洋調査とリアルタイムブイの設置を行ってきました。

f:id:jakoten:20170512093851j:plain

設置したブイ。データ配信を開始!

http://www.s.fpu.ac.jp/kaneda/wao_watch/buoy01/plot.html

 

f:id:jakoten:20170512101152j:plain

f:id:jakoten:20170512095724j:plain

学生と私で、機器の設置やいろいろな項目を調査してきました。少人数での運用なので不具合の対応が遅れるときがあると思いますが、できるだけ安定してデータを提供したいと思います。

丹生定置のみなさま、ご協力ありがとうございました。

 

広告を非表示にする

会議、観測など

久しぶりの更新。

この時期は研究用リアルタイムブイを設置するので、必ずwebを見直す必要がでてきます。すっかり忘れていたweb関係の更新も、さすがに放っては置けなくなりました。

 

4月の観測(冬に入れていた機器の回収、宇久)、国際会議(兼田)は終わってしまい、学生の就活もとっくに始まりました。いろいろとありましたが、過ぎたことですし報告はパスってことで。。。(へへ。ちょくちょく見に来てくれる皆さん、すみません)

 

例年のように、観測は順調に進んでいます。

f:id:jakoten:20170510103714j:plain

新体制での観測。今年は男子3名、女子1名+私で観測、分析を進めていきます。

特に4年生はいろいろなことを学んでいる最中です。天候にも恵まれ、宇久定置、大島定置での調査は予定通りに進めることができました。

 

f:id:jakoten:20170425144248j:plain

宇久定置の様子

f:id:jakoten:20170425144820j:plain

大島定置の様子

 

明日は丹生定置で観測の予定。天候次第ではありますが順調に進めば、今年度のリアルタイムブイを用いたデータ提供も始まると思います。

広告を非表示にする

卒業式

 

f:id:jakoten:20170324105710j:plain

修論、卒論で活躍した学生達は、無事に卒業しました。おめでとうございます。卒業後も元気で、ご活躍されることを願っています。研究室の楽しい思い出もあるでしょうし、後輩達もいますし、これからも気軽に研究室に寄って下さい。

 

 

f:id:jakoten:20170324083004j:plain

卒業式へ行く途中、港へ寄って観測もしてきました。まずまずの感触をもったのですが、段取り、手続きも含めて考えないとね。うまくいけばいいな。

 

新学期が始まって時間が取れなくなる前に、思いついたことの設計や段取り、研究環境の修正や次年度メンバーによる研究体制のアレンジをしています。粛々と準備進行中です。

 

広告を非表示にする

「第6回日本海研究集会」報告の掲載について

 

水産海洋研究に、11月9日に開催した第6回日本海研究集会「沿岸域の海況情報とその活用法」の報告が掲載されました。

 

水産海洋地域研究集会 第6回 日本海研究集会

「沿岸域の海況情報とその活用法」

水産海洋研究 81(1) 2017, p. 74-86

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

次年度の研究室準備、 観測の引き継ぎ

今日は卒業する学生と次年度の卒論生で観測準備。卒業する学生にとっては「いよいよ、研究室を離れるんだな」と感じる研究室行事です。

 

f:id:jakoten:20170224105502j:plain

各種機材を置いている実験室と、うちの研究室前の廊下で行います。外は雪が残っているので。

経験の浅い3年生も卒論を通じて慣れていきますが、まだ恐る恐る参加している様子。わたしも教えますが、院生、卒論生が後輩たちに教えます。何ごとも準備が大切。一歩ずつ前進ですな。

 

 

 

広告を非表示にする