読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卒業式

 

f:id:jakoten:20170324105710j:plain

修論、卒論で活躍した学生達は、無事に卒業しました。おめでとうございます。卒業後も元気で、ご活躍されることを願っています。研究室の楽しい思い出もあるでしょうし、後輩達もいますし、これからも気軽に研究室に寄って下さい。

 

 

f:id:jakoten:20170324083004j:plain

卒業式へ行く途中、港へ寄って観測もしてきました。まずまずの感触をもったのですが、段取り、手続きも含めて考えないとね。うまくいけばいいな。

 

新学期が始まって時間が取れなくなる前に、思いついたことの設計や段取り、研究環境の修正や次年度メンバーによる研究体制のアレンジをしています。粛々と準備進行中です。

 

広告を非表示にする

「第6回日本海研究集会」報告の掲載について

 

水産海洋研究に、11月9日に開催した第6回日本海研究集会「沿岸域の海況情報とその活用法」の報告が掲載されました。

 

水産海洋地域研究集会 第6回 日本海研究集会

「沿岸域の海況情報とその活用法」

水産海洋研究 81(1) 2017, p. 74-86

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

次年度の研究室準備、 観測の引き継ぎ

今日は卒業する学生と次年度の卒論生で観測準備。卒業する学生にとっては「いよいよ、研究室を離れるんだな」と感じる研究室行事です。

 

f:id:jakoten:20170224105502j:plain

各種機材を置いている実験室と、うちの研究室前の廊下で行います。外は雪が残っているので。

経験の浅い3年生も卒論を通じて慣れていきますが、まだ恐る恐る参加している様子。わたしも教えますが、院生、卒論生が後輩たちに教えます。何ごとも準備が大切。一歩ずつ前進ですな。

 

 

 

広告を非表示にする

サバのなれずし

修論、卒論もおわり、発表会で頂いた質問に対して追加のデータ解析をする人がいたり、大掃除をする人がしたり、どっか遊びに行っている人がいたり、という研究室です。

 

そんななか「サバのなれずし」の実習に参加できると聞いたので、行ってきましたよ。

 f:id:jakoten:20170221180642j:plain

 楽しかったです。ためになった!

2週間後の完成が待ち遠しいです。

 

 

広告を非表示にする

卒論・修論発表、無事に終了しました

2月2週の卒論発表、3週に修論発表があり、それぞれ担当していた学生も無事に発表を終えました。

 

準備で忙しかった日々や発表会での緊張も含めて、よい経験になったと思います。

おつかれさま!

 

しばらく更新していませんでしたが、このサイトを見にきてくれた人もいたようでして。。。。ありがとうございます。

あ、卒業生へ、今年の学生の勤務予定先は東京方面、名古屋方面の会社に各1名、研究室に1名の予定です。お伝えしておきます。みなさんも、お近くにお越しの際は、遊びに来て下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

タイ、Upper Gulf of Thailandの海洋環境研究セミナー参加

先週は日・タイの合同研究セミナーがあり、タイへ行っていました。Upper Gulf of Thailand(UGoT)で発生する貧酸素水の研究に関わったメンバーが集まって成果報告と最新情報を交換したのですが、とても勉強になりました。

 

UGoTはバンコクなどの都市が面する人間活動の影響を受けやすい海域。チャオプラヤー川を始めとする河川が流れ込み、富栄養化と貧酸素化が進行している海です。この海でタイと日本の研究者が協力し、調査船や係留観測で貧酸素水について調査を進めてきました。アジアの国での観測を行うことは機器の輸送やセキュリティー対策など克服すべきことも多いのだけれど、タイと日本の研究者で構成される私たちの研究グループは多くのデータを取得することができました。

 

f:id:jakoten:20161221105815j:plain

ジョイントセミナー会場

 

 

f:id:jakoten:20141218171432j:plain

研究プロジェクトで実施した船舶調査の様子

タイの学生も大活躍!(以下、写真は調査時に撮影したもの)

写真にうつっている先生(大きな人)は、昨年、小浜に来て頂いた方です。研究メンバーとうちの学生でゼミをして、研究・教育の両面でお世話になりました。

 

f:id:jakoten:20140903133231j:plain

f:id:jakoten:20140903134122j:plain

漁場環境を把握するために実施した係留観測の様子。

係留観測を実施するにあたり、タイの大学、漁業者とセキュリティ対策を念入りに打ち合わせを行い、事前調査も実施しました。写真は、完成した研究チームオリジナルの係留観測体制です。このシステムは若狭湾でやっている観測と似ているところもあります。いままでに日本で培った養殖漁場、定置網漁場の調査の経験をタイの漁場観測へ取り入れてもらいました。

 

調査成功のポイントは、日本・タイの研究者とタイの学生の協力関係が良かったことかな。みなさん、ありがとうございました。引き続き、よろしく。

 

広告を非表示にする

成果発表してきました

この2週間ぐらいは更新せずでしたが、いろいろなところで成果発表をしてきました。

(でも、写真を取り忘れました。。。がーん)

 

金沢大学・環日本海域環境研究センター共同利用シンポジウム

  「対馬暖流系の変動機構の解明に向けて」

 

水産海洋学会(東京海洋大学

 

若狭湾の調査関係機関の会議

 

水産学会中部支部大会(小浜,院生)

 

そのうちのいくつかは大学院生の発表で、彼は多くの経験を積んできました。たくさんのコメントや質問、他の海域の情報などを頂き、院生とともに喜んでいます。たいへん励みになりました。

 

開催者の皆様、聞きに来て下さった皆様、ありがとうございました。

 

 

 

 

広告を非表示にする